気付けば誕生日だったなぁ(+映画Review)

0
     おはこんばんちは、Jinkです。
    気付けば、昨日は私のバースデーでございました。
    とはいえもらったプレゼントは、特になし。いつもより仕事が忙しかったですw
    ちなみに同じ誕生日の人は、かの有名なセガールや、日米和親条約を結んだペリーがいます。
    アニメキャラだとレッツ&ゴーの烈兄貴と一緒だったりします。実はこれが一番嬉しかったりw
    とまぁ、そんな感じの切ない誕生日でしたw


    というわけで2ヶ月ぶりの映画Reviewです。
    今回Reviewしたのは、『アバター・オブ・マーズ』、原題は『Princess of Mars』。
    制作したのはThe Asylumですが、珍しく原作があります。
    それが原題のとおり、『火星のプリンセス』です。
    ご存じの方も多いと思いますが、SFの先駆け的作品のひとつとして有名ですね。。
    作者はエドガー・ライス・バローズで、一般には『ターザン』の作者として広く知られている人です。
    さて、今回この映画を選んだ理由ですが、非情に簡単。
    4月13日に同じものを原作としたディズニー映画、『ジョン・カーター』が公開されるからですw
    まぁ、いつも通り中身は実際にHPを観ていただくとして、キャストの紹介を。
    主役であるジョン・カーターを演ずるのは、アントニオ・サバト・Jr。
    いろいろなB級映画やTVシリーズに出ている、その筋では有名な人です。
    ある意味、当然の抜擢と言えるでしょうw
    また、ヒロインであるプリンセスを演じるのは、トレイシー・ローズ。
    こちらもその筋では非常に有名な女優です。
    詳しくはWikiか何かを観てください。ここで説明するより、分かり易いと思います。
    そしてこの映画の監督は、マーク・アトキンス。脚本も担当しています。
    彼のこれまでの代表作として『バトル・オブ・ロサンゼルス』のReviewを参照ください。
    去年の9月にReviewしています。
    観ていただければ解ると思いますが、そういう監督です。
    とまぁ、キャストの時点でだいたい解ってしまうという映画でした。
    多分、ディズニー映画の方が100倍面白いと思いますw


    てなわけで今回はここまで。
    また次回お会いしましょう。Jinkでした、ごきげんようノシ



    〈BGM:奥井雅美『Shuffle』〉

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

     

    TweetsWind
     

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM